Blog

健康堂整骨院 大倉山本院 ブログ

2021.10.18

扁平足について!

みなさんこんにちは
健康堂整骨院大倉山本院です!
扁平足 へんぺいそく 】ってご存知ですか?
これは足の病気の一つで多くの人が発症している可能性があります。
土踏まずは乳幼児期にはなく、歩行により次第に形成されていきます。
大体8歳頃になると形成されてきて、それを過ぎても形成されない状態のことを扁平足といいます。
小さいお子様から大人まで幅広い年齢層に診られるものですが成人の大人の場合は、立ち仕事やスポーツなどで足の疲労が溜まっていたり、加齢による筋肉の低下などが原因になっています。子どもにも起こる「幼児期扁平足」もありますが、歩き始める時期に元々足裏のアーチが平べったいことから歩く際にペタペタ歩きになっていることから気づいたり、捻挫等でレントゲンを撮った際に気づくということもあります。
このまま放っておくと、外反母趾になる可能性もあります
足は身体を支える土台です。
少しでも気になることがありましたら
健康堂整骨院大倉山本院ご相談下さいね
電話予約