Blog

健康堂整骨院 大倉山本院 ブログ

2021.07.17

夏も油断大敵!

こんにちは! 健康堂整骨院です!

ぎっくり腰は冬場などの寒い時期だけ起こるものではありません。

暑くなったこの時期、室内と外との気温差で

身体が疲れてしまいぎっくり腰になるケースが増えてしまいます。

仕事などで負担がかかり、疲労が蓄積され筋肉の柔軟性がなくなりぎっくり腰が起こりやすくなります。

また骨盤の歪みなどがあり姿勢が悪いと筋肉への負担が大きくなります。

例えば骨盤が前傾すると反り腰になってしまい筋肉が短縮してしまい筋肉の柔軟性が失われてしまいます。

その短縮された状態が続き、身体を前屈させるなどで筋肉を伸長させときに負傷をしやすいです。

逆に骨盤が後傾していると伸長された状態が続きます。

伸長された状態が続いていても筋肉へ負担がかかり柔軟性が失われてしまいます。

当院では痛みに対してのアプローチはもちろん痛みの出ている筋肉へのアプローチや根本の骨盤の歪み、姿勢の改善

を行なっていきます。

根本から改善していくことで痛みが再発しない身体作りを行っていきます。

痛みを繰り返さない身体を作りませんか?

繰り返す痛みで悩まれている方はお気軽にご連絡下さい。

電話予約